海外旅行

【2022年版】タイ・バンコク旅行にかかる費用を解説!節約のコツも

人気の海外旅行先、タイ・バンコク。寺院巡りショッピングタイマッサージと魅力たっぷり!しかも、物価が日本よりも安いため、かなり低価格で存分に遊べると話題です。

今回は人気のバンコク旅行にかかる費用を解説します。節約のコツもご紹介するので、コスパよく旅行に行きたいという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

Kanako
バンコクは物価が日本より安いので、国内旅行よりも安いことも!

タイ・バンコク旅行の旅費は約8万円から!

ワットアルン

人気の旅先、バンコクへの費用はおよそ8万円〜(1人あたり・3泊4日)と国内旅行をさほど変わりません!

ツアー代(航空券・ホテル)の他にショッピングや現地での食費、移動コストなどを含めても、8万円で遊べるというコスパの良さです◎

日本から片道7〜8時間程度とそれほど遠くなく、2022年7月現在はタイ入国はほぼ以前と同じに戻っているため、とても行きやすい海外となっています。
※ワクチン未接種の場合は、タイ入国に陰性証明書が必要です。(在タイ日本国大使館公式HP参照)

タイ・バンコク旅行にかかる費用一覧

ハワイ旅行でかかる費用を項目別にご紹介します。

ハワイ旅行の旅費(1人あたり・3泊4日)

項目費用目安メモ
ツアー代
(飛行機代+ホテル代)
¥40,000程度〜LCC利用の場合
パスポート取得費用5年用(12歳未満):¥6,000
5年用(12歳以上):¥11,000
10年用:¥16,000
取得には1週間程度かかります。
参照:外務省HP
現地での交通費¥4,000程度〜
食事代¥6,000程度〜朝昼夕:全8回(機内食は除く)
観光代¥5,000程度〜寺院の入場料やタイマッサージの体験など
ショッピング・お土産代¥10,000程度〜人によって異なる
海外旅行保険¥2,500〜¥5,000程度クレジットカードの保険が利用できれば¥0です!
Wi-Fiレンタル、SIMカード¥600〜2,000程度
合計¥84,100程度〜※パスポートは10年用で計算
Kanako
タイは物価が安めなので、国内旅行と同じくらいの価格で遊べちゃう!

タイ・バンコクの物価ってどれくらい?

バンコクの飲食店で食べたパッタイ

バンコクの物価は日本の半分程度とされています。しかし、場所ややることによっては、日本とほとんど物価が変わらない場合も!

屋台でご飯を食べるなら1食¥200程度〜カフェやレストランだと¥1,000程度〜と考えるといいでしょう。人気のタイマッサージはローカルなものであれば、¥1,000で存分に体験できます。

Kanako
数日間の旅行なら、両替は2万円くらいしておくのがおすすめ。必要に応じて残りは追加でしましょう!

バンコク旅行で費用を抑える7つのコツ

ワットパクナム

バンコク旅行を安く行くにはいくつかのコツがあるので、ご紹介していきます!

出発前のコツ

旅行が安い時期(オフシーズン)を狙う

バンコクは5〜10月は雨季は、オフシーズンとなり、ツアー代が安くなる傾向にあります。

雨季と言っても、1日中雨が降っていることはほとんどなく、1日に数回ザーッとスコールが降るような感じです。

Kanako
旅行代理店が定期的に行うセールを狙うのもおすすめです!

LCCで行く

バンコクへは、LCC(ローコストキャリア)を利用すると安いです!

日本からバンコクへ就航している主なLCCは、タイ・エアアジアXZIPAIRなどがあります。ZIPAIRはJAL系列のLCCで最近登場したばかりの新しい航空会社!サービスがよく、コスパ抜群と注目されています◎

格安航空券の検索は、エアトリで一括検索が楽ちん!

レンタルWiFiではなく、SIMカードを利用する

旅行中にスマホを利用したい場合は、レンタルWiFiよりもSIMカードの方が安くておすすめです!1週間用くらいのものであれば、通販サイトで事前に購入可能!お値段も¥600前後とお買い得です◎

Kanako
私が過去に使用してよかったタイのSIMカード!

 現地で出費を抑えるコツ

両替はレートの良い街中で行う

バンコクでは現金が必要なシーンも多く、両替は必須になってきます。しかし、空港はレートが高めに設定されていることが多いため、大きい額を両替する場合は街中でするのがおすすめです。

最低限は空港で両替し、残りは街中で両替するといいですよ◎

移動は公共交通機関をメインに

バンコクではタクシー移動をしてもそれほど高くないのですが、出費を抑えたいなら、BTS(電車)バスなど公共交通機関の利用がおすすめです。

ただし、複数人で公共交通機関でのアクセスが悪い場所へ行く場合には、効率も考え、割り勘ができるタクシー移動も検討してみましょう!

ローカルフードを楽しむ

レストランやカフェに入ると最低でも¥500ほどかかりますが、屋台なら¥200程度で済ませられます!

気になっているレストランやカフェには行きつつも、時には屋台で食事を済ませてみるはいかがですか?

Kanako
屋台の衛生面には注意するようにしましょう。

ショッピングは市場で!

ショッピングは、ショッピングモールよりもローカルな市場で行うとかなり安く済ませられます。特にお土産などは、ローカル感ただようアイテムを巨大な市場「チャトチャックマーケット」でゲットするのがおすすめ!

うまくショッピングモールと市場で購入するものを分けられると出費が抑えられますよ◎

タイ・バンコク旅行は8万円あれば存分に楽しめる!

今回はタイ・バンコク旅行にかかる費用について解説しました。

日本に比べて物価が半分程度のバンコクでは、思いっきり遊んでも8万円程度とコスパが良く、日本から片道7〜8時間程度ととても行きやすい旅先の1つです!もう少し旅費を抑えたいという方は、ぜひ今回ご紹介した出費を抑えるコツを実践してみてくださいね。

あわせて読みたい
【体験談】タイ・バンコクで英語は通じる?英語が通じる4つのコツも

「バンコクって英語通じるの?」と疑問に思っていますか?ローカルな雰囲気と寺院巡りが人気の旅先”バンコク”ですが、海外旅行となると言葉の問題がつきもの。 今回はタイ・バンコクでどれくらい英語が通じるのか ...

続きを見る

-海外旅行
-, , , ,

© 2022 Smile, Travel, Be happy Powered by AFFINGER5