海外旅行

アメリカ旅行に行く前に知っておきたい10のこと

アメリカ旅行ってみんなの憧れ、ロサンゼルス、ニューヨーク、グランドキャニオンと誰もが知るような地名ばかり。だからこそ、旅行で行ってみようと思う方も多いのでは?そんなあなたにお伝えしたいアメリカの旅行事情をアメリカの帰国子女の私がご紹介します!!事前に知っていると知っていないでは大違い…。アメリカを想像しながら読んでみてくださいね〜〜♪

Kanako
Kanako

今一番行きたい場所ニューヨーク!!

アメリカ旅行を想像するだけでも楽しい…♡

空港編

旅行の際の第一関門、空港。入国審査に、セキュリティーと誰しもドキドキした経験があるのでは?ちなみに私はいつもドキドキしています。(何も悪いことしていないのに…笑)

1. セキュリティーでは靴を脱ぐ

荷物検査などが行われるセキュリティーでは、基本的に靴を脱ぎます。そのため、裸足だと素足でセキュリティーの通ることに…。気になる方は、靴下を履いて行くことをおすすめします。

ちなみに、ヒールやブーツなどの場合は、日本でも靴を脱ぐように言われますよ。

2. どこの空港にもだいたいスタバがある

空港で時間を潰さなければならない際に知っておくと嬉しいことが1つ!それはだいたいどこの空港にもスタバがあることです◎

長時間空港でまた待たなきゃ行けない際は、まず好きなドリンクをゲットしてきて、空いている搭乗口の待合席をゲットし、のーんびりと過ごすのがおすすめ。パソコンやタブレットを持っていたら、映画を観ながら、自分だけの空間を作り出すのが快適時間を過ごすコツです♪

観光編

観光というか、街を散策する際に知っておきたいことをご紹介していきます!

3. トイレの個室にも大きな隙間

これは結構有名な話ですが、アメリカのトイレの個室はもはや個室ではありません。上と下に大きな空間があることはもちろん、ドアの間にも微妙に隙間があります…。この隙間、意外と大きく、前を通るだけでも人影がなんとなく見えるんです笑

防犯のためらしいですが、日本のトイレに慣れているとなんだか落ち着きません…。

4. どこでも基本クーラーは効きすぎ

自宅でもクーラーが24時間365日使用されているのが、普通なアメリカ。お店やレストランはどこに行っても、基本的にクーラーが効きすぎです。なので、ストールやカーディガンなどちょっと羽織れるものがあると便利ですよ〜◎

5. なんでもマイペース

アメリカ人は誰でも基本的にマイペース。店員同士がおしゃべりしながら接客することなどはもう当たり前。日本ではありえないことですが、これも1つの文化なのでしょう。

英語が理解できれば、ここで会話に入っていくこともできるので、お会計も楽しくすることできちゃいますよ♪私はよくレジでおしゃべりをするタイプです笑

グルメ編

旅行に行ったら、グルメも楽しみたいものですよね。そんな時に知っておきたいことをここからはご紹介して行きます。

6. チップは払うのが当たり前

レストランなどで食事をする際、必ずと言っていいほど苦戦するのがチップ。基本的にはサービス型(着席して担当のサーバーがいる)の場合は、チップを払うのが常識です。

カードで払う場合には、伝票にチップ欄に金額を記載、もしくは支払い端末でチップの金額を選択。現金で払う場合には、「お釣りなしで(Keep the change.)」と伝えるか、最後にテーブルの上にチップを置いて帰るスタイルでも大丈夫◎

カード文化がとても発達しているアメリカでは、カードで支払い、その際にチップを上乗せするスタイルが主流です。

また、ファーストフードなどでチップの箱がレジ横にあったら、お釣りを入れてあげるなどするといいですよ。もちろん、必須ではありません。あくまでも気持ちです。

7. とにかくなんでも量が多い

食事の際に注意したいことが、とにかくなんでも量が多いです。少食の女性なら、2人で1人前でも十分なほどの時もあるくらい!注文する際は、まわりの人が注文しているものの量を観てから判断するといいですよ。

ショッピング編

旅行と言ったら、観光、グルメ、そしてショッピングです!特に女性はショッピングなしに旅行へ来たとは言えないでしょう。そんなショッピングで知っておいて欲しいことはこんな感じです◎

8. 在庫は聞くと意外とある

アメリカの店舗での在庫管理は日本より、ちゃんとできていない印象。なので、店頭にない商品でも聞いてみると在庫があるなんてこともしばしば。気に入った商品があったら、恐れずにまず聞いてみると意外とストックにあることも多いですよ!

在庫を聞きたいときは、以下のように聞いてみてください◎

Do you have size 〇〇 in this?(thisで欲しいものを指刺しながら)

9. 価格表示は税抜き

最近は日本も多いですが、アメリカの価格表示は基本的にどれも税抜き価格となっています。レジに行ってみたら、値段が違うと驚かないように事前に知っておいてください。

10. まとめ買いで安くなるキャンペーンが多い

アメリカのお店はよくまとめ買いのセールを行っていることが多いです。“2 for $10”は2個で10ドルという意味で、このような表示がよくあります。%で割引の場合は、“2 for 20%off”、複数購入すると1点無料などの場合は“Buy 3 get 1 Free”などの表示があります。

どの商品が対象かわからない時は聞いてしまうことがおすすめ!また、お会計はよく間違われることがあるので、おかしいと思ったら確認するようにしてくださいね◎

いざ、アメリカ旅行へ〜〜!

今すぐにアメリカへは行けませんが、将来また行けるようになったら、ぜひ行ってみてくださいね。ハワイも規制緩和と日々、海外旅行へ行ける日は近づいている予感!次に海外旅行へ行ける時は、きっと笑顔があふれる素敵な旅になることでしょう♪私も今からワクワクして、待ちきれません。

 

スポンサーリンク

-海外旅行

© 2021 Smile, Travel, Be happy Powered by AFFINGER5