お役立ち情報

旅行好きが実践|ホテルステイを楽しむための10の方法とおすすめホテル

最近では、「ステイケーション」や「おこもりステイ」という言葉が登場するなどホテルステイがより一層注目され始めています!普段とは違う部屋で非日常を味わえるとあって、ハマる人が続出中です。しかも、ホテルステイは人の目を気にすることなく、1人でも気軽に行け、存分に自分だけの時間を満喫することができますよ♡それではホテルステイの楽しみ方ホテル選びのポイント都内のおすすめホテルをご紹介して行きます◎

Kanako
ホテルステイで極上のリラックス体験を♪

ステイケーションとは?

ステイケーション(staycation)という言葉は、 「ステイ(stay・滞在)」と「バケーション(vacation・休暇)」を組み合わせた造語です。彦きや新幹線などを利用して遠くへ旅行へ行くのではなく、近くのホテルで休暇を楽しもうというものです。

遠くに行かずに近場で旅行をすること、人との接触が少ないという点から、新型コロナウィルスの感染予防にもなるのではないかと考えられています。最近では、ステイケーションプランを販売するホテルや旅館なども登場していますよ◎

【ホテルステイの楽しみ方】満喫するための10の方法

最近ホテルステイにハマっている私のホテルの楽しみ方ご紹介♪後半ではおすすめのホテルなどもご紹介します。

ステイケーションを最大限に楽しむには、「部屋を楽しむこと」「館内施設をフル活用すること」がおすすめです◎

楽しみ方1:朝食はホテルでいただく

朝起きたら、ホテルの朝食をいただく!これは私が1番大事にしている時間です。普段だとどうしても適当に済ませてしまうことが多い朝食ですが、ホテルではしっかりと食べることがマイルール。この時間が1番非日常の瞬間かもしれません。

ついつい素泊まりプランなどにしてしまうことも多いかもしれませんが、ホテルステイの際は朝食付きがおすすめです◎

Kanako
朝からおいしいものいっぱい食べれて、至福の時間〜♡

楽しみ方2:身軽で行く

ホテルステイはあまり準備しすぎずに行くのがおすすめ!なんかぷらっと行ってあの贅沢体験ができるのが楽しいポイントかなと思うので、身構えすぎないようにしています。

そのため、荷物は少なめで本当に普段遊びに行くような感じでホテルへ行きますよ◎いつも持って行くものはこんな感じ。

  • メイク道具
  • 最低限の着替え

私の場合はこれだけです!本当にトートバック1つといった感じです◎

楽しみ方3:パジャマは持って行かない

パジャマは基本的に持って行きません!もちろん荷物が多くなるということもありますが、いつものパジャマを着てしまうと日常感が出てしまいます。なので、あえてパジャマは持って行かず、ホテルにあるものを着るようにしています◎

ホテルによってパジャマも異なるので、ホテルパジャマのお気に入りなんていうのもできますよ。1人でホテルステイをするなら、パジャマはホテルにあるもので十分だと思います!

楽しみ方4:バスタイムはゆっくりと

日々忙しいとシャワーだけなどになってしまいがちな入浴タイム。ホテルではしっかりと温まり、リラックスするようにしましょう。多くのホテルでは入浴剤がアメニティーとして準備されていることもありますよ♪

個人的には、お気に入りの雑誌を持ち込み、音楽をかけてゆったりとバスタイムを楽しむのがお気に入りです。楽しみ方は人それぞれですが、自分の好きなものを持ち込むときっと至福のバスタイムとなりますよ◎家ではなかなかじっくりと入浴することも少ない方もぜひゆっくりと。

1人でホテルステイをするなら、入浴時間のことも気にする必要はありません!

楽しみ方5:スマホから離れる

見ない日はないと言っても過言ではないほど、私たちの生活の一部となっているスマホ。ホテルステイをする日はスマホから離れるようにしています。ただ、スマホを触らないとしてしまうと逆にストレスに感じるので、離れる程度にしています。

普段だと常に自分に横にあることが多いですが、ホテルステイ中は向こうの机の上にあるくらいの距離感を保つようにしています◎そうすると普段気づかないようなことを発見したり、ぼーっとベットでゴロゴロしたりとちょっとデジタルデトックスができますよ。

楽しみ方6:早めにチェックインして何もしない

チェックインの時間がやってきたら、早めにチェックインします!そこからは自分の時間、「何もしない」時間です。気の向くままに自分の好きなことに時間を使いしましょう。私は、ぷらーっと街に出てご飯を食べたり、買い物したりしてからホテルへ“帰る”感じが好きです。

特に何も予定がない時間を満喫してくださいね。

Kanako
“ホテルに帰る”っていう響き良くないですか!?

楽しみ方7:早起きして周辺散策

普段は早い時間に街中にいることはあまり多くありません。いたとしても予定があるため、周辺を散策することなく街を通り抜けるだけということが多いでしょう。しかし、せっかくホテルステイするなら街の中心にいることが多く、早起きをして普段とは異なる街並みを散策しに行くのも楽しいですよ♪

楽しみ方8:ホテル内を散策する

ホテルによっては、プールがあったり、ジムがあったり、設備は様々ですが、せっかくホテルステイするなら存分に満喫しましょう!チェックアウトするときに「こんな施設もあったのか」と後悔しないで済みます。
特にジムは気軽に使える印象があるので、ちょっと息抜きにランニングや筋トレなどもいいかもしれませんね◎

ジムからの眺めがよかったら、トレーニングもがんばれちゃいそう!!

Kanako
ホテルの中で自分のお気に入りスポットを探しておくと、自分だけの特別な空間の出来上がりです!

楽しみ方9:自分の時間を満喫する

いろいろとマイルールを紹介してきましたが、すべては自分の時間を満喫するというところに終着するのかもしれませんね。スマホから離れ、ゆったりと入浴し、自分の時間を自分のために使ってみてください。

日々忙しく、つい自分の時間が短くなってしまいがちかもしれませんが、ホテルにいる時くらい自分時間を満喫してみては…?お気に入りの本や映画があるとより一層楽しめますよ♪

▼NetflixやYoutubeをホテルのテレビで観たいなら、Fire TV stickがおすすめ!

楽しみ方10:ホテルステイを楽しむ心を持って行く

せっかくのホテルステイ、気持ちがブルーでは楽しめません。だからこそ、楽しむための心を一緒に持って行ってください。この時ばかりは様々なことを忘れ、思いっきりホテルステイを楽しみましょう♪

Kanako
エネルギーチャージのためのホテルステイもいいかも〜!

私的ホテルの選び方

ある程度の金額(だいたい1人¥10,000前後)出せば、ハズレのホテルというのはあまりありません。しかし、これから紹介する3つのポイントをチェックしておくとよりよいホテルステイとなりますよ♪あとは、自分の条件を当てはめてホテルを選んでみてくださいね。

ホテルの選び方1:口コミを参考にする

ホテルの口コミはとっても大事!公式HPの写真を見ただけではわからないことなどが、ユーザー目線で書かれています。私は「いいかもな」と思ったホテルの口コミは必ずチェックし、良い口コミが多ければ予約します。逆にいくつも同様の悪い口コミがあったら、そのホテルは再検討します。

ホテルの選び方2:水回りの写真はマストチェック

清掃がしっかりとされているかや老朽化が1番良くわかる水回りの写真は必ずチェックしましょう!水回りが汚いとなんとなくテンションも下がります。可能であれば、過去の宿泊者が撮影した写真などでチェックするのがおすすめ。加工などがなく、リアルが映し出されています。

Kanako
清掃の質もここでわかりますよ。

ホテルの選び方3:周辺環境

いくらホテルがいい感じでも、周辺環境が悪いといいホテルステイにはなりません。ついつい忘れがちですが、周辺環境はチェックするようにしましょう。私のチェック項目はこんな感じ。

  • 周辺環境はうるさくないか(交通量など)
  • 治安は悪くないか(夜1人で歩いても安心か)
  • 駅から遠すぎないか(徒歩15分以内)

このあたりをチェックしておくと快適なホテルステイとなりますよ。ホテルへ向かう道中怖い思いをしたり、周りがうるさくて落ち着かなかったり、なんていうのは嫌ですもんね。

都内でお手頃なおすすめホテル

それでは、都内で1人¥10,000前後で宿泊できるホテルをご紹介します!シンプルながら、快適空間が広がるホテルなので、ゆっくりとホテルステイを満喫できるはずですよ◎

おすすめホテル1:sequence MIYASHITA PARK

今をときめくトレンドスポット「Miyashita Park」。渋谷を代表するスポットとなり、毎日多くの若者が集まる人気スポットです。

そんな場所にも宿泊可能です!「sequence MIYASHITA PARK」は渋谷の街を一望でき、コンパクトながらも快適なホテルステイができますよ。アナログな心配りから、テクノロジーによるスマートなやりとりまで行え、まさに最先端のトレンドホテルと行った感じでしょうか。

渋谷という好アクセスな立地なので、仕事終わりにお泊まりなんていうのもいいかもしれませんね♪

おすすめホテル2:THE BLOSSOM HIBIYA

ゴージャスな雰囲気のホテルでありながらも、心休まる落ち着いた空間が広がる「THE BLOSSOM HIBIYA」。こちらのホテルは新橋駅から徒歩約5分と好アクセス。ビジネスの街というイメージがあるかもしれませんが、ホテル内はそんな感じが一切しないリラックスした空間でした。

東京タワーやキラキラと輝く街を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごしたい方におすすめ!ジムからも東京の街並みを見下ろすことができますよ♪

おすすめホテル3:六本木ホテルS

最後にご紹介するホテルは「六本木ホテルS」。ちょっとミステリアスな雰囲気漂うホテル名ですね。

大人な街“六本木”にある「都会のアジト」がコンセプトのホテルとなっています。広めで使いやすいバスルームが人気のホテルで、小さなシンクが部屋の一角になるのも特徴的。

和と洋をミックス「漣」、最大3mの天井に格子が伸びる「凜」、茶室を備えた「禅」などのコンセプトルームもありますよ◎六本木の街で和の心に触れることもできますね。

たまにはホテルステイで非日常の世界を〜♪

周りのことを気にせずに外出することがちょっと難しい今だからこそ、おこもりステイを楽しむのはいかが?gotoトラベルキャンペーンをうまく活用すれば、ホテル代は安くなり、またレストランでの食事も割引になりますよ!

せっかくの機会なので、ホテルステイを思いっきり楽しんでみてくださいね♡

スポンサーリンク

-お役立ち情報

© 2021 Smile, Travel, Be happy Powered by AFFINGER5