海外旅行

【ローカルバス旅】ハレイワ・ノースショアまでの公共バスでの行き方

ハワイ・ノースショアはサーファーの聖地として知られるオアフ島の人気観光スポット!ワイキキとはまた違った歴史ある落ち着いた感じの雰囲気と豊かな自然が魅力的です。
ガーリックシュリンプやシェイブアアイスなどハレイワ発祥のグルメもあり、大人気になっています♪

今回はそんなハレイワ・ノースショアへの公共バス(ザ・バス)でのアクセス方法をご紹介します◎
レンタカー利用が不安な方におすすめな方法ですよ。

Kanako
ノースショアへローカル旅に出かけよう!

ハレイワ・ノースショアはどんなところ?

ハレイワ・ノースショアはサーファーの聖地であり、観光客に人気のスポットです。観光地はあるのですが、観光地化されすぎてしまっていないので、ローカルな雰囲気を楽しみながら散策を楽しめるスポットです◎

グルメが美味しく、ビーチが綺麗でワイキキからちょっと足を伸ばして日帰り旅行がしたい時にぴったり!ワイキキ・カイルア・カハラなどオアフ島の様々なスポットを訪れてきましたが、1番お気に入りのです♡

公共バスでワイキキからハレイワ・ノースショアまで行ける?

ワイキキからハレイワ・ノースショアへは公共バスでも行けます!!

ワイキキ市内から訪れる場合には、一度乗り換えが必要になりますが、公共バスでもアクセス可能となっています。所要時間は片道2時間程度です。少し長いですが、バスからハワイの車窓を楽しみながら、友達とおしゃべりしているとあっという間に到着しますよ♪

Kanako
行く前は遠いと思っていましたが、そこまででもありませんでした!

ワイキキからの道中には、ドール・プランテーションなどが観光スポットもあり、バスでも途中下車すれば気軽に訪れることができます。

到着後の観光の交通手段は?

ハレイワ・ノースショアのエリアは基本的に徒歩で観光できます!

ただし、公共バスは基本的にアラモアナ方面から海方向へ一方通行なので、アラモアナ寄りで下車して、海に向かって歩いていく形で観光するとスムーズです。
上記の地図の場合、下の方でバスを下車、上に向かって歩いていくようなイメージです。全部歩くとなると割と距離があるのですが、通りには様々なお店があり、結構楽しいです♪

ノースショアで人気のグルメ、ガーリックシュリンプをいただくなら、マクドナルドを目印に下車するといいですよ◎

公共のバスでハレイワ・ノースショアまで行くメリット・デメリット

ハレイワ・ノースショアへ訪れる観光客は、公共バス(ザ・バス)・レンタカー・ツアーなど様々な方法を利用します。ここでは公共バスでハレイワ」・ノースショアを訪れる際のメリット・デメリットをご紹介します。

Kanako
時間があるなら個人的に公共バスの旅はかなりおすすめです◎

メリット

  1. 安い
  2. ローカルな旅が楽しめる
  3. 事故やスリなどのリスクが少ない
  4. 車窓を楽しめる
  5. 途中寄り道可能

公共バスでハレイワ・ノースショアへ訪れる最大のメリットは安さとローカルな旅を楽しめる点です。公共バス(ザ・バス)はワンデーチケット(1日乗り放題)を 大人 5.5ドル(6~17歳 [ユース] 2.5ドル、5歳以下 無料)で購入することができます。片道切符は大人 2.75ドルですが、乗り換えの方法が面倒になるので、往復することを考え、ワンデーチケットを購入するのがおすすめ!

また、道中は車窓を楽しんだり、寄り道をしたりすることができます。何より、レンタカーを運転することがないので、運転に対する不安はありません。バス車内の治安も悪い感じではないので、比較的安心して乗車することができます。

デメリット

  1. 時間がかかる
  2. 乗り換えが面倒
  3. バスの本数がそれほど多くない

レンタカーを利用すれば、1時間程度でアクセス可能なハレイワ・ノースショアですが、バスを利用すると片道約2時間となります。また、本数もそれほど多くなく、乗り換えも必要なので、初めての海外旅行の方にはハードルが高いかもしれません。

逆に旅行慣れしている方はこのデメリットも楽しみながら、ローカルのバス旅を楽しめるのではないでしょうか。

Kanako
ハワイ旅行でかなり楽しかったのが、このバス旅でした〜〜♪

公共のバスでハレイワ・ノースショアまで行く際の注意点

公共のバスを利用する際は以下のことに注意しましょう。

  1. 必ずワンデーパスを購入する
  2. 乗り換えを間違えないようにする
  3. 支払いは現金のみ(お釣りが出ないようにすること)
  4. 不審な人からは離れる
  5. 寝てしまわないようにする

どれほど注意することはありませんが、現金を準備しておくことと寝ないように注意しましょう。

比較的治安の良いハワイですが、海外は海外です。日本のように公共交通機関で寝ていても安心という感じではありません。もし疲れてしまって寝てしまいそうな場合は、友達と順番に寝るなど必ず誰かは起きている状態にしましょう。

また、乗り換えを間違えると少し治安の悪い地域に降りてしまうこともあります。降りる前に周辺の雰囲気を確認するようにすると安心です◎

ハレイワ・ノースショアへのアクセス

それではハレイワ・ノースショアまでのアクセスを解説します。

メモ

Googleマップで現在地から行きたい場所を入れると最適なバスの乗り換え案内出てくるので、便利です。私もハワイ旅行中はかなり利用していました!
ただし、時間帯によってはものすごく時間がかかってしまったり、乗り換えが多くなってしまったりするため、事前に調べておくと安心です。

ハレイワ・ノースショアまでの行き方:往路編

  1. アラモアナ・ショッピングセンターの山側バス停へ行く(ワイキキ市内から15分程度)
    ワイキキ市内から複数バスがアラモアナ・ショッピングセンター方面へ行きます。
  2. 52番バスに乗車
  3. バスに揺られて1時間半程度で到着

1本のバスに1時間以上も乗るとなると、いつ降りるのかとそわそわするかもしれません。
しばらく走った後に、街っぽくなってきたなというところで降りれば大丈夫です。不安な場合はGoogleマップで現在地を時々確認すると安心ですよ◎

ハレイワ・ノースショアまでの行き方:復路編

帰りは行きの逆をすれば、ワイキキまで戻ってこれます!

  1. 52番バスに乗車し、アラモアナ・ショッピングセンターを目指す
  2. アラモアナ・ショッピングセンターで乗り換える
  3. ワイキキを目指す

帰りのバスは、地図のスポット(カメハメハ・ハイウェイ+オポジット・ハレイワ・ビーチパーク )がアラモアナ・ショッピングセンター行きの始発バス停です。

多くのバスは、ハレイワ・ノースショア行きのものがそのままアラモアナ・ショッピングセンター行きとなります。そのため、他の場所からバスに乗車しても、基本的にはそのまま乗車していれば、アラモアナ方面へ帰れます。

時々そのまま本当に終点となり、発車しないものや、数分待ってから発車するものもあります。注意しましょう。

公共バスの乗り方

海外でバスに乗るのは難しそうというイメージがあるかもしれませんが、ハワイのバスは意外と簡単です!マスターするととっても便利なので、乗り方をチャックしてみましょう。

バスの乗り方

  1. バスの行き先・番号を確認する
  2. 乗りたいバスに乗り込む
  3. ワンデーパスを購入する
    「One day pass, please.」と言いましょう。大人か子供か聞かれる場合もあるので、欲しいものを言います。
    ※現金支払いのみで、複数人いる場合はまとめて払うようにしましょう。お釣りは基本出ません。
  4. 乗車後、速やかに座る

※ワンデーパスは1日有効なので、次に乗車する際は運転手さんに提示すればOKです◎

思ったより簡単だったのではないでしょうか?
ワンデーパスをゲットしてしまえば、その後は基本的に運転手さんにチケットを見せるだけでOKなので、楽チンですよ♪

ワイキキからローカルなバス旅をしてみよう!

時間がかかると敬遠してしまいそうですが、このローカルなバス旅はかなり楽しかったです!

ハレイワ・ノースショアエリアは、ワイキキから少し遠いですが、ローカルな空気感がとても素敵です。ぜひ公共バス(ザ・バス)を利用してワイキキから少し足を伸ばしていてくださいね♪

スポンサーリンク

-海外旅行

© 2021 Smile, Travel, Be happy Powered by AFFINGER5